【衝撃】佐々木朗希『怖くて涙が止まらなかった』WBCの"あの試合"での舞台裏激白!侍ジャパンで先発投手として戦った若き侍のアナザーストーリーに一同驚愕
2024/06/03
ビデオ領域で [Skip Ad] をクリックして広告をスキップします。
video
読み込み中...
佐々木朗希選手がWBC日本代表に選ばれ、チェコ戦やメキシコ戦で見事なピッチングを披露しました。彼の速球は最高で164キロを記録し、圧倒的な存在感を放ちました。しかし、その舞台裏では、彼が感じた苦難やプレッシャーがありました。今回はそのアナザーストーリーに焦点を当ててみましょう。昨年、完全試合を達成した佐々木選手は、東日本大震災が発生した3月11日にチェコ戦で先発マウンドを任されました。栗山監督は「野球の神様が彼にメッセージを送っている」と語り、彼の起用に特別な意味を込めました。佐々木選手は3回2/3を投げ、無失点の好投を見せました。試合後、佐々木選手はチェコ選手に対して謝罪のために自腹で購入した菓子を持参し、謝罪しました。この心温まるエピソードは多くの人々の心を打ちました。
AD
速報