イチローと父親の絶縁理由がヤバい!父親が見せたイチロー顔負けの”執拗さ”と”徹底ぶり”が生んだ悲劇に驚愕!メジャー挑戦前のイチローと妻を苦しめ続けた”地獄の家庭生活”に絶句
2024/06/03
ビデオ領域で [Skip Ad] をクリックして広告をスキップします。
video
読み込み中...
イチロー選手がオリックスブルーウェーブで活躍し、米メジャーリーグでも輝かしい成績を残したことは周知の事実です。しかし、彼と父親である鈴木宣之氏との間には深刻な確執が存在していました。イチロー選手は小学生時代から父親の指導を受け、厳しい練習に耐えてきました。宣之氏は息子の成功のために全力を尽くし、一朗選手の個人事務所「オフィスイチロー」を設立、自ら社長に就任しました。しかし、その関係は一朗選手が元アナウンサーの福島弓子氏と結婚したことを契機に悪化していきました。宣之氏はイチロー選手の結婚相手として年下の女性を理想としており、弓子氏との結婚を歓迎しませんでした。さらに、宣之氏は結婚当初、弓子氏に対して細かな指示を出し、家庭内での緊張が高まっていきました。このような状況が続く中、イチロー選手と弓子氏は愛知県の豪邸を離れ、神戸での生活を選びました。宣之氏はイチロー記念館を開設し、息子の名前を使った商品販売などを行いましたが、これに対して一朗選手は強い不満を抱いていました。
AD
速報