【ゆっくり解説】あのタレントたちの悲惨な現状とは!?大食い番組の裏側があまりにもひどすぎた!
2024/06/03
ビデオ領域で [Skip Ad] をクリックして広告をスキップします。
video
読み込み中...
昭和時代から続いた大食い早食い番組。ある中学生が番組を真似て早食い競争をし、喉に詰まらせて死亡する事故が発生。この事件をきっかけに、大食い番組は一時中止に追い込まれた。その後、安全対策を強化した上で復活したものの、出演者たちの健康被害は深刻だった。彼らは収録後に吐き続け、体調を崩すことも珍しくなかった。元大食いタレントたちは、今もその後遺症に悩まされているという。特に、菅原さんは過食症になり、引退を余儀なくされた。一方、彼らの努力と情熱も無視できない。現在は、自らの経験を生かして飲食店を経営したり、食育活動に取り組んでいる元タレントもいる。しかし、彼らの苦労を思うと、大食い番組の未来には疑問が残る。
AD
速報